上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
f_215.jpg
「215*ポピー」
アップリケは斉藤謠子さんのマンスリー2013で、かなり慣れた・・・ハズだった。
んが。それは、ハズに過ぎなかった!!
がーん。
みたいな感じの、ここ数枚のフェリシモキット。
アップリケも奥が深い。

今日は雨の降ってくる前にと、不良主婦、庭の草むしりがんばりました。
そして、ぼーぼーに育っていた、雪柳と柘榴と南天を、ばっさばっさと剪定。
ひー。サボり過ぎたっ!!
うん。さっぱり。
午前中いっぱいかかってしまったけど、これ以上雑草君が伸びたら、
打ち捨てられた家のようになってしまう所だったので、ギリギリ回避。
雨の後は、倍も大きくなるんですよね雑草。
雨上がり直後は水滴で草取りやりにくいし。
流石に、用水路までは出来なかったけど、なーんとか。







パッチワーク
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

以下にも記事を書き込んでいます。
が、覚書と、何かあった時の証拠とする為の記事です。
身内のごたごたですので、回避お願い致します。

































月命日にお坊さんが来る宗派の我が家。
義妹さんに、今日は来なくていいよ。って言われて、はぁっ? て思いました。
一応、長男の嫁なんですが・・・。義母昨年亡くなったばっかなんですが・・・。
長男の嫁に来るなって指図ですか。と、かちーんと気ながらも、
我慢して行きました。

んがー。お坊さん帰宅後に、口げんかで罵りあってしまいました。
ン十年ぶりですよ・・・。とほほんです。
就職し、結婚してからは、人と面と向かって口論する事は、まず無く。
言葉には、気を付けていたのですが。
まあ、あれです。
遺産の取り分が気に入らなかったようですね。
後は、義母への仕打ちが酷かったので、以前から好きではなかったのですが
義母とは仲良しで、可愛がってもらっていた状態に変化しておりまして。
「面倒だ」「疲れてるのに」「自分の親でも見るのは嫌」等、
挙句の果てには、入退院を繰り返していた義母に「仕事としてなら見れるから」と
言い放った義妹さん。義母は泣いてました。ええ。忘れるもんですか。腹の立つ。
弱ってる親に何言うんだと思いましたよ。
心配りって知ってるかっ?! と、何度思った事か。
そういう事実を、キレーに自己修復してまして。
義妹さんは、「だって」「でも」を繰り返し。
私は「バカじゃないの?」を繰り返し(;つД`)
義父の遺産で買ってもらった我が家の内壁、こぞうが穴を開けた事があるんですが
それを持ち出し、
「おじいちゃんのおなかに穴が開いたかと思ったくらい不愉快で辛かった」
って・・・はぁ? です。
自分が不利になりそうになったら、二階に逃げるし。
追いかけて追いつめてやろうかとも思いましたが、まあ、我慢して。

降りて来たら、どうも再構築してきたみたいで、また語りはじめようとするので
その、脳内妄想に、もー好きにしたらいいわ。と、
はいはい。みたいな感じであしらったら
「もういいっ!!」
です。あしらわれるのは嫌みたいでしたね。

翌日には、チラシの裏に、私は悪く無い的な事が書かれて置いてありました。
チラシ。
五十も過ぎてる良い大人が、チラシに書き殴り。
・・・でも、保存しとく。気味悪い文章だけど。
義母の介護1年と、亡くなってから1年。
人に不愉快な言葉を撒き散らしては、自分は弱いから的な事を繰り返す義妹。
これは、アレですか。
もう、証拠を集めて保身に走れってコトですね?
私も私の家族が可愛いです。

先日、知人に、何時でも話を聞くからと言ってもらい、決意しました。
ずっと人には話しませんでした。
知人に話しても解決はしない。
愚痴るのは、申し訳ない。
だから、こうして書いて、残しておく。
もちろん、この文章は私の一方的な見方から出来ています。
義妹さんと突き合わせたら、祖語があるに決まってます。
それでも、こんなことがあったと書き記すのは。

上でも少し書きましたが、義妹さん、脳内変換著しいのです。
旦那と私が、義妹さんと話していた時、
少し日にちが経つと話した事が変わっている。
下手したら、数十分前の電話の打ち合わせまで変わるからです。

指摘すると、兄ちゃんはずるい。私を味方につけてるからと言う。
こっちが捏造したって言わんばかりの言い方です。
だったら、何か相談事があるのならば、信頼できる第三者を連れておいで。
そう、言っているけど、連れてきません。
月一は、必ず法事があるので
今度は録音媒体でも持っていくかな? とも思っています。
不愉快な出来事を書き残すのは、心地よいものでもありません。
読んでいただいた方には、申し訳ありません。
ですが、ブログとして表に書き残すのは、証拠の一環になるかとの思いです。
ツイッターでは纏めきれないので、ブログにしました。
何かあれば、フェリシモのカテゴリーの記事に書き込むつもりです。

酷い事がこれ以上なければ、もう書きません。
何もありませんように。
本当に、何もありませんように。




7月8日 * 追記 *
数日で、怒涛のように話が流れて行きました。
結局、義妹さんの、あれやこれやは、
ご自分が、寂しかった事の裏返しだったように思います。
義母の事以外でも、抱えている問題の重さに、誰かに当たりたかったんじゃないかな。
当たられた方はたまったもんじゃありませんが。
お互い、たとえ鬼籍に入ったとしても、縁が切れる訳でもなし。
お互い様。
そう、しめくくらせていただきました。

また、彼女の不調によっては、いろいろあるかもしれません。
無いかもしれません。
それは、神のみぞ知る事。
では。これにて、今回の件は一件落着ということでした。
お騒がせいたしました。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。